多汗症を解消する方法と制汗剤の選び方

多汗症になる原因は、色々あります。全身性多汗症の場合は、主に内分泌や代謝などの原因があり、肥満や糖尿病や更年期との関連性があります。また熱との相関関係もあり、運動や発熱などが原因の事もあれば、薬で多汗症になる事もあるのです。
それと局所性多汗症ですと、精神面や味覚に原因が潜んでいる事もあります。精神的緊張が大きい時や、辛い物を食べた時などは、汗の分泌量も多くなる傾向があります。
では、どうすれば多汗症を解消できるかというと、まず生活習慣です。上述の糖尿病などの病気にしても、生活習慣に原因が潜んでいる傾向があります。やはり飲酒やタバコなどは要注意です。
睡眠の時間帯も軽視できません。規則正しい時間帯に眠るよう心がけるべきでしょう。
それと食生活です。基本的には、刺激物を食べるのは控える方が無難です。刺激が強い食品を摂取すると、交感神経が優位になってしまう傾向があります。食べた時に汗をかきやすくなってしまうので、刺激が強い物は避けるべきです。
ちなみにカフェイン飲料も要注意です。その飲料も、交感神経を優位にしてしまう傾向があります。
なお多汗症に悩んでいる時には、制汗剤を使用する事もあるでしょう。それを選ぶポイントですが、初めて利用する時はクロルヒドロキシアルミニウムが含まれている製品がおすすめです。肌への刺激が弱いですし、肌トラブルも生じづらいからです。また効果の強さを求めているなら、塩化アルミニウムが含まれる製品を選んでみると良いでしょう。

1 2 3 4 23